F1をフランスで観戦【色々な情報をチェック】

10年ぶりの開催

車

以前とは違うサーキットで

10年の歳月を経てF1フランスGPが復活する事になりました。自動車産業と言えばドイツやアメリカですが、フランスも年間200万代の車を生産する自動車王国です。1906年に初のグランプリを開催したのが以外にもフランスで、ル・マン24時間耐久レースもフランスで開催されるレースです。しかし、F1においては財政難が続き2008年を最後に今までF1の舞台から遠ざかっていました。そして10年の歳月を経て2018年にF1がフランスで開催される事が正式に発表され、暫定スケジュールにも加えられています。フランスF1GPが開催されるのは、南フランスのポール・リカール・サーキットと言われています。ポール・リカール・サーキットは1990年の最後のレースを期に大規模改修されたサーキットで、167種の違ったレイアウトウをとる事が出来ます。従って、毎回違うレイアウトでレースを行う事が可能です。しかも、全長約6km近いこのサーキットには2km近いストレートコースがあり、途中にシケインが設けられています。予定ではこのシケインを取り除く方向にあると言われており、実現すれば2kmの距離をF1カーが全速でカ駆け抜ける光景を目にする事が可能となります。F1フランスGPを観戦するのは、観戦チケットや宿泊施設の手配を行っている旅行会社が企画するツアーを利用するのがべ便利と言われています。その為F1フランスGPを現地で観戦したい日本人も今まで以上に増えると考えられます。